POST TOP ちびっこ番長

〜前・田・太・尊・上・京・物・語〜

こんにちは御機嫌よう。
あ〜る晴れた〜、昼〜下がり〜に東京へと飛び立った。
そこから僕の物語が始まったのです。(👏)
だだんだんだだん・・・

だだんだんだだん・・・

東京上京前日、姫路駅前。

’出会い’の連鎖

僕の学歴は中卒または院卒です。
もちろん大学院ではなく少年院ですが・・・。

そんな僕が奇跡的にアカデミーに入ることができたのはなぜか?

僕が上京したきっかけともなったHassyadaiという会社との出会いから始まりました。

Hassyadaiとは漠然と今の自分を変えたい「わかもの」にインターンを通し、
社会進出、自己実現、自分探しの支援を行なっている会社です。

僕はそのインターン中に一人のおっちゃんと出会うことになりました。

亀山会長×hassyadai※会長のすぐ右隣、ぼくです

 

 

そうです。DMM.comの亀山会長です。
※写真は亀山会長がHassyadaiに講演会に来てくださった時のものです。

僕は当時、衝撃を受けました。

「ただのおっちゃんやないっっ!!!!!!」

で、その時にアカデミーの事を話されてはり、ダメ元で応募して今に至る感じです。

七転八起

僕は、根っからの非行少年でどうしようもないゴミでした。

当時たくさんの方にご迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます。
なので、もっともっと成長して、その姿を見ていただきたく思います。

少年院を退院後に僕のターニングポイントとなる事がありました。

それは両親の離婚と母親のリストラです。
今でも当時のことは鮮明に覚えており、かなり動揺していました。
僕には姉が一人いましたが、姉は大学に通いながら掛け持ちでバイトもこなしていたので、

「俺にも、本気を出す時が来たか、、、じゃ、、やったるか!」

そんな感じでテキトーに腹を括りました。

で、朝は6時から17時まで工場。
そのまま居酒屋へ直行し早くて深夜1時、遅くて深夜3時に業務を終え、帰宅。
平均睡眠時間は3〜4時間、週6勤務。週1の休みは死人のごとく眠る。

そんな生活を一年近く続けていました。

そんなこんなで時の流れに身を任せているうちに疑問を抱くようになりました。

「はて、、、まろは何がしたいんや、、、、。」

「人生ってなんや、、生きるってなんや、、幸せってなんや、、
ほんまにこのままでええんやろうか、、自分のやりたいことって、、なんやぁぁ、、」

とかなんとかかんとか”はてな”がプカプカ・・・・。

「よしっトーキョー行こーー」

足りない脳みそで合理性とは、およそかけ離れた根拠なし自信・・・。
人脈もない、コネもない、学歴もない、何にもなーい、という4連打。

話した周囲の人には、バカにもされた、笑われた、とりあえず反対された・・・・。
うん、僕は全部無視した。

で、東京来た。

東京来て初めて撮った写真。新宿か渋谷、?

僕は’仮面’ライダー

Hassyadaiに入り、ぜーんぶうまいこといく思とってん。
でも実際プライドを捨てれんくて失敗を恥じ、俺はほんまの俺を隠すようになっていた。

学歴も少年院に入ってたことすらも隠し、過去全てを姫路に置いて来てもとってん。
過去を背負うことから逃げとった。

周囲の仲間たちは過去の失敗すらも笑い飛ばして生きていた。
ちっぽけなプライドを持ち合わせた、くそダサい自分からかっこいい大人になりたいと心底思うようになった。

そんな仲間たちと過ごし、時が過ぎるごとに徐々に自分の過去と向き合えるようになっていった。
そこで僕は東京で自分の居場所を見つけることができた。

はい!今日はここまでーーー!!
またねっ👋

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

0 comments on “〜前・田・太・尊・上・京・物・語〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。